やっぱり小さくなくちゃ(笑)。
by today216
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
天体観測
クルマ
カイエン
ポルシェ
文房具
文化論
Boxster
通勤
パソコン
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
お気に入りブログ
Nessun dorma...
哲学の道
スローイン・コースアウト
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
シュトゥットガルトへの道
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
銀亀親子のがれーじ
戦闘的に走れ!
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
ポトマックの桜
ランランラン
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
La Mia Macch...
車趣味
マイライフ・カーライフ
やっぱりポルシェは止まらない!
外部リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文房具( 5 )

ボールペンの芯

以前、会社勤めをしていた頃、パリの航空宇宙ショーに見学に行った上司がお土産に買ってきたボールペンがとても使いやすくてさすがにフランスは違うぜ、などととても感心していました。もちろん、仕事のお土産に買ってきたものでたくさんの人に配ったものですからそれなりに安っぽい日本で言えば100円ボールペンのたぐいのやつでしたが。
その後、こんなに書きやすいボールペンを手に入れたくていろいろ試しました。お土産のボールペンは宇宙航空ショーで出されていた特殊なものだったのか、安っぽいものだけにブランドがなくて同じものを探す事は出来ませんでした。
でもやっと同じような書き味のボールペンに出会えた気がします。
f0043634_20272281.jpg
残念ながらフランス製じゃなくてドイツ製ですが、
f0043634_2028416.jpg
考えて見れば、お土産もフランス製だったとは限らないわけで、あるいは欧州のボールペンというのに共通する何かが有るのか、まあ今となってはわからないのですが油性でありながら水性のような書き味なのでとても使いやすいです。

このボールペンの芯はパーカータイプのリフィルになっているので愛用している911ボールペンに入るので早速入れて書き味を楽しんでいます。
ちなみに911ボールペンに入っていた替え芯も、
f0043634_20313717.jpg
何故かドイツ製。もしかすると同じメーカー製かもしれません。

911ボールペンは事故の時に胸ポケットに差していてどこかに飛んで行ったのですがPCの方に見つけて頂いて先日回収できました。
f0043634_20332342.jpg
飛んで行った時のショックでしょうか、かなり傷を付けてしまいました(涙)。

[PR]
by today216 | 2008-10-05 20:34 | 文房具

ボールペン

f0043634_2272513.jpg
昨年の今ごろ買ったポルシェデザインのボールペンです。ポルシェのロゴが入っているにしては鉄で出来てるかと思うくらい重いです。でもこのデザイン、パッと見るとポルシェのようには見えませんが(ボールペンなのでアタリマエ(笑))、このロゴの方向からじっと見ていると911のように見えてくるから不思議です。
ただ、上のLAMYのボールペンはLAMYのものでは一番高いと思われるんですがそれでもポルシェのものの半分で買えたりします。LAMYの方は水性のボールペンですので用途を考えて使ってます。
あっ、ポルシェのボールペン、とても使いやすいです(^^ゞ
[PR]
by today216 | 2008-05-14 22:07 | 文房具

手帳

がんもさんのブログ関連でボクスター手帳を紹介します。がんもさんはPB170やDayMakerを使っておられたのですね。私も全く同じものを使ってました。丁度最初の子供が産まれた頃ですから15年くらい前でしょうか。DayMaker、良いソフトでした。確かインデックスつけるのが優れていたような。。。もう思い出せませんが当時はがんもさんの本に啓発されて使ってたのかもしれません。とすると私の本代はがんもさんの528iに化けてしまったんですね(笑)。

f0043634_04745.jpg
この手帳はボクスター購入のちょっと前、去年の9月25日から書き始めて現在もう少しで終了です。この手帳はかの有名なMoleskineですが、写真を貼り付けたりができます。これは、カバーが厚いのと紐が付いていて写真を貼ってもちゃんと閉じるようになっているから可能なんです。この手帳で速度とギア比を考えたり、納車後のツーリングを考えたりしてました。
f0043634_0312587.jpg
写真はA4の紙にこんなふうに印刷して切ります。「フィスカース ギロチン6」という裁断機で切るのですが、これが丁度いい大きさです。「ギロチン」という名前でおわかりの通り(笑)、フランス製です。
謹慎開けは、これを機会に気分一新、次の手帳に換えようと思ってます。今後はボクスター専用の手帳じゃなくて過去を記入する日記のようなものにするつもりです。
f0043634_0282111.jpg

ちなみに、Moleskineはイタリア製でカバーが固くて頑丈なのと紐が付いている、というのが特徴なのですが致命的な欠点があります。紙の質が悪いのです。ボールペンで書く分には問題ありませんが万年筆で書くと裏写りしてページの裏にモノが書けなくなります。また経年劣化も大きいようです。流石イタリア製ですね(笑)。
ちなみにMoleskineはインディージョーンズシリーズの3作目「最後の聖戦」でショーンコネリーが使っていました。

f0043634_0275715.jpg
この手帳は過去を書く手帳ですが、未来を書く手帳は、QuoVadisのスケジュール手帳です。これは1日を縦にしていて1週間で見開き2ページです。右下にミシン目が入っていて終了した週はここを破り取っていくことで現在の週を簡単に開くことができるようになってます。現在使っているのはとてもじゃないけど見せられないので、写真は来年用に買ったヤツです。
こちらは、フランス製でモールスキンと違って紙質がものすごく良くて薄いにもかかわらずペンで書いても裏写りしません。私は字が汚いのでせめてインクの美しさで補おうと思っているのでボールペンも水性を使うことが多いのでこれは大きなアドバンテージです。
フランス製の手帳といえば、Clairefontaineの手帳(ノート)も重宝してます。
f0043634_0302716.jpg
こちらはかの有名なロディアと同じメーカーなのですがブランドが違います。ロディアの方は紙質が少し薄いのに対してClairefontaineの方はかなりしっかりした感じです。もちろんどちらもペンで裏写りはしません。フランス製のノートは罫線がキレイです。

ここでドイツ製はどうした!? とお怒りの声が聞こえてきそうです(嘘)。しっかりと使ってますのでご安心を(笑)。
f0043634_03032.jpg


ついでにこんなのも持ってますが、インターネットとメール専用でPIM機能は使ってません。
f0043634_031235.jpg

[PR]
by today216 | 2006-11-05 00:37 | 文房具

ノギスボールペン

名前の通りのボールペンにノギスをつけたものですが、決してゲテモノではありません。
実は、下の説明のようにタイヤの溝の減り具合を見るためのものです。
f0043634_1103287.jpg

ボールペンと組み合わせたことで測った値をその場で記録できるのですね。測り具合とかはまだボクスターが来てないのでわからないのですが(爆)来たら早速試してみようと思ってます。
ちなみに、この製品はドイツ、クレオスクリベント社のメソグラフというものです。
なんでもドイツでは、溝が浅いタイヤの取り締まりが厳しく、警察官がタイヤの状態を検問することがあるそうです。ドライバーがいつでもチェックできるようにということらしいです。
[PR]
by today216 | 2006-02-23 01:13 | 文房具

腕時計

ボクスターの契約をしてから物欲が続いてます。
10年ぶりくらいに時計を買いました。
f0043634_231584.jpg

私は、ここ15年くらい腕時計をつけずに生活してます。10年前に買った時計もほんの1,2ヶ月でつけるのをやめました。どうも腕が痛くなるからです。
ボクスターの契約が終わったあと、何となく時計が欲しいと思うようになってヨドバシカメラなどに行っていろいろ見ていたのですが、お金に余裕のあるこの時期思い切って買いました。前から気になっていた電波時計(毎日時刻を自動的に補正する)です。もちろんアナログ時計ですが(そういえば最近デジタルの腕時計見ませんね)、その秒針の動きを見ているとカチリカチリとデジタルチックに動きます。ちゃんと電波を受信したか確かめるボタンを押すとYかNのところに秒針がきて止まりしばらくすると元に戻って正確なときを刻むという仕掛けです。また、針の位置が何らかのショックでずれた場合は自動的にきちんと所定の位置に戻るので文字盤とずれることもありません。もうほんとにきちんきちんを1秒もずれることなく時を刻む、という感じです。まあ、毎日10秒以上時刻がずれる機械式時計もそのアナログチックな感じが好きですが、このようにかっちりと正確に時を刻む仕掛けを持った時計も大好きです。機械式時計のように10年、30年と持つわけではなく、多分5,6年で使い物にならなくなることは目に見えてますがね。
実はかなり以前にそれなりに高価な機械式腕時計を買ったことがあってそのときはうれしくて毎日付けていたのですが、あるとき、中に水が入ってしまって中の文字が溶け出したのです(^^;)。まあ、高い時計を日常付けていたのも悪いのかもしれません。でも日常使えない道具は役に立ちません。その場でゴミ箱に捨てました。
物を捨てるのは後味が悪く、そんなこともあって腕時計を付けるのをやめたのでした。でも今回ボクスターに乗っている自分を想像するとやはり腕時計をしているほうがなんとなくかっこよく思えるのです。今まで時刻を見るのにズボンのポケットから携帯を取り出してみていたので運転中はそれはできないぞ、と思ったこともあります(よく考えたら車には時計がついているのですよね(暴))。
[PR]
by today216 | 2006-02-08 23:07 | 文房具