やっぱり小さくなくちゃ(笑)。
by today216
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
天体観測
クルマ
カイエン
ポルシェ
文房具
文化論
Boxster
通勤
パソコン
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
お気に入りブログ
Nessun dorma...
哲学の道
スローイン・コースアウト
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
シュトゥットガルトへの道
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
銀亀親子のがれーじ
戦闘的に走れ!
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
ポトマックの桜
ランランラン
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
La Mia Macch...
車趣味
マイライフ・カーライフ
やっぱりポルシェは止まらない!
外部リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Boxster( 102 )

ボクスター納車から2年

23日でボクスター納車から2年経ちました。あの時納車からは自分の何かが変わる(はず)、と思ってこれから紀元後だと書きました。そうすると3世紀目に突入です(1年を100年として数えます(笑)。)。
で、何が変わったかといえば、、、、
1.天体観測をやるようになった。
2.通勤にクルマを使うと楽な事がわかった
3.たくさんのお知り合いが出来た
自分にとって3つともとても重要な出来事でした。

マニュアルはほぼ初めて、しかも免許取得から?十年経ってましたので納車当日は、ニュートラルにすればクラッチを離しても大丈夫という事さえ忘れていて信号機で止まっている時もクラッチを踏み続けポルシェってこんなに左足が疲れるんだ(笑)、と思ったり、海ほたるの駐車場は3階にあるのですが6速のまま急な坂を上がろうとしてエンスト、坂道発進がなかなか出来ず、後にクルマがずらり並んだり、今思えば笑い話ですが、果たして少しは進歩したのかどうか。。。。

2年間で乗った距離は合わせて34608キロ。カレラもやっと1万キロ突破です。
f0043634_20331558.jpg
f0043634_20332761.jpg
2年といってもその間、免停期間が1.5ヶ月、事故からカレラの納車待ちが6ヶ月、の合わせて7.5ヶ月の運転できない期間がありました。でもそれらの出来事もボクスターの納車があったからのことなので運転できない期間ではありましたが納車以前とは違った時間を過ごしました。
最近は、乗る事が出来ても乗れない事情があって要求不満がたまってきた所為かまた少しずつ乗るようになりました。カレラ納車1年目には25000キロはいきたいと思ってます。
[PR]
by today216 | 2008-05-24 20:33 | Boxster

歯医者じゃなくて廃車手続

と書こうと思っていたんですが書類を良く見ると売買のようになっています。リサイクル料金も戻ってくるようなので多分修理して売られてしまうんですね。
f0043634_23492018.jpg


ただ、私にとってのマイボクスターとはお別れしたことに違いはありません。最後は24665キロでした。もし皆さんの中でどこかで見かけたらこっそり教えてください。
f0043634_23503166.jpg
[PR]
by today216 | 2007-07-17 20:36 | Boxster

空気圧とエンジンオイル

この記事、実はかなり以前に書いていたんですが非公開にしたままになってました(笑)。と言うことで情報はちょっと古いのですがもう一度のっけようと。。。。現在大作を執筆中ということもあるし(爆)。

以前、房総オフである若者が空気圧を今まで測ったことがないことを皆さんに責められてましたが実は私も測ったことがありません(笑)。もちろん以前はセルフのガソリンスタンドは無かったので給油するたびに空気圧を測らないか、と聞かれてたまには測ってもらったりはしてましたが積極的に測ったことはありませんでした。測る必要のある車でも無かったこともあります。

でもさすがに、ボクスターだと空気圧がかなり気になってきました。最近はセルフで給油することもありスタンドで空気圧を測ってもらうこともありません。納車後10ヶ月経ってやっと測ってみたらなんと、
前輪:170〜180KPa
後輪:220KPa
でした。ポルシェの推奨が200〜250KPaですから、前輪は完全にアウトです。私の場合ブレーキを良くかけるから前輪だけかなり減ってしまったのでしょうか。
早速いつものセルフのスタンドのお兄さんに頼んで空気を入れてもらいました。4輪とも260KPaにします(笑)。前に書いた駐車場から歩道を経由して道路に降りる時に前を擦っていたのもこの空気圧の可能性が高くなりました。がんもさんの書いていた通りでした(感謝)。

5000キロごとくらいにエンジンオイルを交換してきましたが、いつの間にかエンジンオイルが下限を切っていました。1ヶ月以上前くらいにオンボードに初めてcheck oil levelの様な表示がでたのですがオイルレベルを測る方法を知らずエラーレベルの表示でも無かったのであまり気にしないでいました。ところが、エンジンをかけるたびにかなり頻繁に表示がでるようになってオイルレベルを測ってみたら一番下の所で点滅しています(涙)。慌ててPCに行って補充してもらいました。
聞くと2000キロくらいで1リットルくらい減ることもあるそう。エンジンオイルのレベルも気にして乗らねばなりませんでした。空冷の時はかなり減るようなことを聞いていたのですが水冷でも減るんですね。
[PR]
by today216 | 2007-07-03 21:52 | Boxster

鋼とアルミ

書こうかどうか、いつも悩んでいるのですがこの際だから書いてみます。
f0043634_21591079.jpg

時々ポルシェは何故ボディをアルミにしないんだなどと書く記事を見かけます。でも、構造家の意見を書かせてもらうとアルミにしたからといって軽量化にはあまり貢献しません。
同じ体積であれば確かにアルミの方が鋼より軽いです。でも、アルミは剛性(ヤング率)が低いので同じ剛性を実現するには鋼と同じだけの重量になります。比剛性(質量あたりのヤング率)は同じなんですね。もっとも、剛性が関係するのは曲げ強度と引っ張り強度で捩り剛性は面積だけが効きます。したがって捩り剛性だけ考えればいい箇所にアルミを使うと軽量化に役立ちます。ただ、車のようにあらゆる方向の強度を考えねばならないものでは捩り剛性だけですむ部分というのはほとんど無いと思います。

また、アルミは溶接が出来ません。表面がすぐに酸化するからです。部材同士をつなげるにはリベットやねじを使う必要があります。エンジンのように削り出しや鋳造ができる部分は良いのですが、車体には必ず複数の部材を使わねばならないので強度上問題が生じます。戦前は日本には溶接技術がなかったので戦艦などもすべてねじやリベットで止めていたのですがアメリカは何隻も船を沈めて(実験して)、溶接技術を獲得したので頑丈な空母や戦艦を造ることが出来たのです。ちなみに溶接技術を発明したのはロシアです。また、昔私が設計していた人工衛星は1メートルくらいの超合金の立方体から削りだしで作ってました。一ヶ所間違うと作り直しですね(笑)。

そういうわけで、ポルシェが総アルミにしないのはとても納得できることです。逆に昔のNSXなどもしかしてホンダには構造家が居ない?、衝突したらペシャンコだな、などと陰口をたたいていたものです。それとも強度を手抜きしていた? あるいは本田宗一郎が引退したので一部の若手が暴走した?

ちなみに現代でも鉄器時代は続いています。鉄って構造部材としてものすごく性質が良いんです。まず地球上のどこにでもあります。比剛性からすると優れた性質を持ってます。また、ものすごく柔らかいです。柔らかいといってもグニョッとしていると言う意味では無くいくらでも捩れる、と言う意味です。大学の実験でねじったことがあるのですが確か13回転位してやっとちぎれた記憶があります。捩じって、捩じって、捩じって、、、、、(あと10回続く)やっとブチッと切れるんです。あめ玉やゴムでも2,3回ねじればちぎれるでしょう? 金属の中では一番柔らかい部類に入るのでは無いでしょうか。
また、鉄と書かずに鋼と書いたのも普通の構造部材はカーボン(炭素)を混ぜて焼きなましや焼き入れをした鉄である鋼だからです。と言うか普通に身の回りにある鉄と言われているものはすべて鋼です。また鉄屋さんは「金を失う」鉄という文字を嫌います。「金属の王なるかな」のを使います。

最初に書くのに悩んでいたと書きましたが私の構造家としての経歴はすでに20年近く前のものですのでその間の技術進歩によって間違ったことを書いてしまっているかもしれません。その部分は専門家の方読んでらっしゃったらご指摘お願いします。とは言っても基本的な部分は間違っていないという自信はありますが。


そういうわけで、技術の進歩によって総アルミの車をもしポルシェが採用するにしても出来るだけ最後の方にしてもらいたいものです。技術の進歩があったとしても鋼の方も技術の進歩はあるわけで比剛性の差は本当に少しだと思います。非常にうまい設計をしないと逆に重くなるか強度が落ちるかしてしまいます。さらに鋼からアルミに変えるためには製造技術も確立する必要があります。簡単に曲がる鋼と違ってアルミ合金は曲げにくいし疲労強度、接合方法も違うでしょうから。アメリカが溶接技術を確立するために沈めた船は何百隻と言う単位だったと聞きます。少なくとも数十台の車を潰さなければその製造技術は確立しないものと思います。

正直、こういった車の安全面に関してお馬鹿な評論家の話に耳を貸さない保守的なポルシェという会社は凄いです(と言うよりもそれが当たり前?)。
[PR]
by today216 | 2007-05-24 21:49 | Boxster

首都高は嫌いだ

首都高は嫌いです。
第一の理由は、千葉県民にとっては首都高によってすべての出口が塞がれています。千葉県を走る高速道路は首都高を通らずに千葉県から出て行くことが出来ません。県内で終わっているか、首都高につながっているかです。
f0043634_18124260.jpg

これが何を意味するかというと、高速道路を使って長距離を走る場合、ETCの深夜割引を使いたくなります。しかし、千葉県で高速道路に乗っても東名、関越、中央、常磐、東北、どの道路に行くにも首都高で分断されているのでたとえば東名を使って遠くに行き深夜割引を使うためには用賀料金所を朝の4時前に通らなければなりません。千葉県の高速道路に4時前に乗っても深夜割引は適用されません。そこで3時前に家を出ることになって2時くらいに起きなければ深夜割引は使えないのです。名古屋までだと6時ごろには着いてしまいます、無駄に早起きしなければなりません(涙)。
良く考えてみると、東名高速と名神、中国自動車道などはすべてつながっているのに東京を通る部分だけは全部首都高でブチ切れてるんですね。名古屋から仙台に行こうと思ったら北陸道を通っていけばつながってますが東名を通っていくと首都高で切られてしまって深夜割引はともかく長距離のメリットも無くなってしまいますね。

第二、首都高は渋滞が多いです。深夜以外の時間帯はどこかで必ず渋滞してます。特に千葉県から見ると箱崎辺りが日中ズッーと渋滞でしかも首都高は高架のくせにアップダウンが激しく、合流が限りなくあります。上り坂でちょっとずつ進んで合流するというのはMTでは、かなりつらいものがあります。

第三、首都高は料金が高いです。上のように銀座箱崎辺りは渋滞するので錦糸町辺りで降りることが多いのですがわずか十数キロで700円とられます。もっとも一定料金ですから渋谷まで行って東名に乗っても700円ですが、首都高じゃなくて普通の高速だとしたらこの距離は500円くらいで済むはずです。やはり高いです。

第四、ここら辺からは人によって意見が分かれますが、一般道から見た首都高の姿が嫌いです。六本木、赤坂、日本橋辺りはほとんど最悪です。また、昔構造設計をしていた関係で良く強度を見るのですが首都高の高架はどう見ても地震に耐えるような作りになっているとは思えません。
ただ、あの形を人によっては近未来的で好きだという意見もありますので私もそのうち宗旨替えをするかも知れません。

第五、道が細く曲りが急でアップダウンが激しく合流が多いです。まともに走れません。もっとも深夜になるとこのクネクネ道が良くなる人もいるかもしれません(笑)。
[PR]
by today216 | 2007-05-20 02:02 | Boxster

乗り心地悪っ

いや、先日鈴鹿からの帰り足柄SAで運転を友人と交代して東京の友人宅まで運転してもらったのですが、ボクスター(スポーツカー一般?)の助手席は乗り心地がとても悪いことに初めて気付きました。
もちろん、それまでも運転してもらったことがないわけでは無いのですが、100キロ近く、しかも高速を運転してもらったのは初めてだったので。
PASMをオフにしているとサルーンの乗り心地などと言う人もいますがとてもとても(笑)。運転しているとその楽しさでとても乗り心地が良く、助手席に乗ったらグーグー眠れるなどと思っていたのです。人を乗せるのは(特に仕事関係は)まずい、、、です。
[PR]
by today216 | 2007-05-16 21:56 | Boxster

Formula Nippon(富士と鈴鹿と能登半島)

仕事関係の人がF1が好きで毎年言っているのですが今年から富士スピードウェイに変更になることも有ってその下見に一緒に行ってきました。
FSWは、mokuさんに連れられてジムカーナを走ったのが唯一の行った経験です。一緒に行った人間は鈴鹿はいつも行っているけどFSWは初めて、という組み合わせでした。私はレースを観るのが初めてだったので、予選のタイムトライアルは面白くないなぁとか、音がやけにうるさいなぁ、とかの感想が最初にくるのですが、FNと一緒にF3やジュニアのレースもやっていてしかもそれほど混んでいるわけでも無かったのでそれなりにお得感は有りました。
f0043634_18533421.jpg


今週は能登半島から鈴鹿に行ってきました。鈴鹿はFNの2戦目。能登半島は、今まで立ち寄りも通り過ぎたことも無いのが沖縄と石川県だけだったので最後の二つを制覇するために行ってきました。今まで能登半島はちょっと行きにくかったのと中途半端に関東から遠いのでわざわざ行くことが無かったためです。
がんもさんのブログを参考にしてまずは名立谷浜を目指します。地図でこのサービスエリアを見つけた時はなぜこんな遠い所で朝食を?とひそかに突っ込んでいたのですが、着いたのは7時過ぎでした(笑)。北陸はこんなに近かったんですね。
その後親不知にも寄らず富山で降りて能登半島へ。能登島、半島の突端、輪島を経由して金沢へ。とても走りやすい道が続いてオンボートコンピュータの平均時速は88キロでした。もちろん高速道路が半分(以上(笑))、含まれています。ただ、先日の能登半島地震で249号線が交通止めになっていて輪島には行くことが出来ませんでした。わざわざ交通止めの所まで行って引き返しました。f0043634_1903620.jpg

金沢に着いたのが4時前。兼六園と金沢城(これはくっついているんですね)を見て桜がちょうど満開でした。兼六園のおばさんは今夜雨が降るらしくてもう最後ですよ、といってましたがきれいでした。
f0043634_18541287.jpg


鈴鹿は、F1も終わったことだし一度くらいは行ってみるか、と思って出掛けました。が、かなり混んでました。富士がどちらかというと正方形に近いのに対し長方形なので1ヶ所からコースのかなりの部分を見ることが出来ます。富士だと第一コーナからなら第一コーナーだけしか見ることが出来ませんが、鈴鹿だと第一コーナーから第二コーナ、S字コーナ、逆バンクまで見通すことが出来ます。ただ、コーナーなどに行くのに道がかなり狭い感じがしました。長方形なので端から端までかなりの距離を歩きます。去年までのF1に行っていた件の友人がちょっとの距離を移動するのに30分位かかるんですよ、といっていたのもうなずけます。この領域に16万人も入ると身動きできなくなるのも納得です。
鈴鹿サーキットそのものはカーブやアップダウンもあってかなり良い所だと思うのですがこのあたりの付帯施設が整わないとちょっとなぁと思ってしまいます。友人が、鈴鹿は良いけど富士はダメだといっていたので期待が大きすぎたのかもしれません。
FN2戦目は、スタートで出遅れた松田が最後10週くらいですごい追い上げでなかなか面白いレースでした。
f0043634_18544450.jpg


帰り、富士川SAでF1をインターネットでライブ観戦しました。富士川SAは無料の無線LANがあって、かなりの高速回線でした。最近はもしかしてSAには無線LANが完備されているんでしょうか。SAで仕事が出来ますね(涙)。

「シートは勝ったな」と思って写真を撮ったらその直後、地震が。。。ホンダの神様の怒りに触れたのでしょうか(笑)。
f0043634_18551948.jpg

この地震、直下型だったようでグラッと来たのがものすごい動き方でしたが普通の地震のようにグラッグラッという感じじゃなくてグラッが1回だけだったので被害がそれほどでも無かったようです。友人とその時は別行動していたのですが友人は近くの建物が爆発したのかと思ったと言ってました。そんな感じの揺れ、と言うか地面の動きでした。

f0043634_18553943.jpg
この写真を撮りに鈴鹿まで行ってきたわけでは有りませんが、一応お約束ということで(笑)

[PR]
by today216 | 2007-04-16 18:00 | Boxster

左ハンドル

左ハンドルが気になる人もいるようですが、私は買う前からあまり気にしていませんでした。
確かに左走行なので右に座っている方が追い抜きとか右折時には有利そうに思えます。購入前は右折はほとんど気にしなかったのですが追い抜きは少し気になってました。ただ、クラッチやブレーキ類が左にオフセットしているという話を聞き、MT初心者の私としてはそちらの方が心理的に負担だったのであまり考えることも無くLHDを選んだのでした。
そういうわけで、左ハンドルは初めてだったのですが、感想という感想はあまり有りません。購入前に気にしていた人に比べて気にしていなかった分、気付いたことが少ないのです。
一応の感想ですが、正直の所右ハンドルと比べてそれほど不利な感じはしません。確かに右折時に相手車線に右折するトラックが居る場合などは車が来るかどうか良く見えないのでタイミングが遅れるのですが、後ろについている車はもっと見えないはずなのであまり気になりません(笑)。相手車線に居るトラックの左側を見通して後から車が来るかどうか判断します。相手車線の右折トラックが何台も居る時は、、、直感で右折します(笑)。
追い抜き時も左から見通せる所で追い抜けますしそれまで乗っていた普通車と比べると加速が全く違うのでそれほど困った感じは有りません。
逆に、左ハンドル車は高速道路などの片側2,3車線有る所で右車線にいるとほとんど無敵です。右ハンドルの車は前を見通すためにどちらかというと右側に寄っていきますがそこを左に寄るとかなり前まで見通すことができます。また、左車線がどうなっているかもかなり良く見ることができます。
左ハンドルで一番困ったことは、路駐した時に降りるのに苦労する、あるいはあまり左寄せ出来ない、ということです。ただ、不思議なことにボクスターは歩道の高さの分はドアが開くんですね。エスティマは人が乗っていると歩道にドアの下を擦ることが多いです。降りると開くんですが。ドアの下の高さは人が乗っている時はエスティマよりボクスターの方が高いようです。
なので、歩道にガードレールがない場所ではもちろん乗降に支障はありません。ただその分歩行者からのいたずら、ないしぶつかる恐れは有ります(涙)。
[PR]
by today216 | 2007-04-11 15:46 | Boxster

ビデオ

さて、下でちょっとだけなぞかけした答えですが、これです。
f0043634_23541835.jpg
f0043634_23543236.jpg
f0043634_23544270.jpg


私にとってはこれが一番良いようです。後ろだとウィンドウディフレクタを外さなければならなかったり付け外しが面倒そうだったりと自分にとって難点が有りました。
また、今まではドリンクホルダーにカメラシューを付けたペットボトルを入れて動画の撮影できるデジカメで撮影してました。f0043634_23545117.jpgただこれもカメラが頭でっかちになってしかもシューが止まる力が弱く少しGがかかると傾いてしまうことがよくあったのです。ドリンクホルダーの底が意外と浅いのも安定しない原因です。
そこで、最近ビデオカメラを買ったのを期にダッシュボードの上に乗せてみたら何となく座りが良いのに気付きました。そしてうまい具合に止める溝が有るでは有りませんか。
ということで上の写真のようにしたわけです。私は、限界加速をするわけでも無くタイヤを鳴らして曲がったり止まったりするわけでも無いのでカメラが動くことは今のところ有りません。上手く手ぶれ補正が効いてほとんどブレずに撮ることが出来ます。光の辺り具合によってフロントガラスに変な写り込みができることが有りますがそれはあきらめます。
ということで、私にとってビデオ撮影のよりベターなものが完成しました。あとはビデオフォーマットのAVCHDを編集できるようになってくれることを祈るのみです(笑)。
[PR]
by today216 | 2007-04-03 23:52 | Boxster

オープン

最近、かなり暖かくなりオープンにして走ることが多くなりました。だんだん慣れてきたせいでしょうか、都内や高速でもよくオープンにして走ります。ちょっと前まではフェアでもらったひざ掛けを重宝してました。
先日高速をオープンで走っていたら高速に入るときは晴れていたのに雨が降ってきました。フロントガラスがかなり濡れたので有る程度の本格的な降りです。しかしよく言われる通り車内は濡れません。そこで法定速度の100キロで走ったときに室内に雨が入るのかどうか計算してみました。
100キロで走ると1秒間に28メートル進みます。オープンにしたときのボクスターの開口部は1メートルくらいですから0.036秒で進みます。雨の落ちる速度は小雨でだいたい1秒間に1.67メートル、普通の雨で3.33メートルですから開口部を通過する間に6〜12センチ落ちることになります。
フロントガラスと開口部後端のシート上部の高さの差が12センチ以上あれば室内が濡れることは無いはずです。自由に幌を開け閉めできる50キロでは、その倍有れば大丈夫です。もっともシートの頭が12センチ濡れるだけだと多分風ですぐに飛ばされてしまいますから濡れたとは感じないのでは無いかと思います。小雨だと6センチなので多分入ってこないと思って大丈夫ですね。

オープンにするととても見通しがよくなります。特に後方や後ろ斜めがクローズだとほとんど見えないのでこの差は大きいです。私の場合はフロントの上から信号機を見ることもできるようになります(笑)。
ただ、エンジン音はあまり聞こえなくなります。周りの車の音の方がはるかに大きな音として入ってきます。また、多分幻聴だと思うのですがパトカーのサイレンの音が聞こえてきたりします。またこれも幻聴なんですが「そこの車止まりなさい」、などという声が聞こえてきたりもします。どうも幻聴が聞こえることが多いときは気を晴らすためにアクセルを思いっきり踏んだりします(嘘爆)。

ボクスターはオープンだとかっこいいですね。幌を付けていると後ろが流線型でないためか横から見てもあまり速そうには見えません。オープンで走ると、なめた真似をされる確率が減るような気がします。また、前を譲ってくれることが多くなるのもオープンの利点ですね。
[PR]
by today216 | 2007-03-28 22:57 | Boxster