やっぱり小さくなくちゃ(笑)。
by today216
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
天体観測
クルマ
カイエン
ポルシェ
文房具
文化論
Boxster
通勤
パソコン
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
お気に入りブログ
Nessun dorma...
哲学の道
スローイン・コースアウト
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
シュトゥットガルトへの道
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
銀亀親子のがれーじ
戦闘的に走れ!
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
ポトマックの桜
ランランラン
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
La Mia Macch...
車趣味
マイライフ・カーライフ
やっぱりポルシェは止まらない!
外部リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


定番オプション

いよいよ選択したメーカーオプションの中では最後です。

バイキセノンヘッドライトシステム(ダイナミックレベライザー、ヘッドライトクリーニングシステム付)  16.5万円
ウィンドデフレクタ(ストレッジボックス付) 6万円
シートヒータ 7万円

この3つは、いつからかボクスターの定番といわれているもので、私も当然選択したオプションです。

でも一つ一つを見ていくとそれぞれ必要性に濃淡があります。
まず3つの中で一番高価なバイキセノンですが、単にハロゲンランプがキセノンになるだけでこの値段は高いです。バイというのはハイとローの二つ、という意味でしょうか、それとも2倍明るい、という意味?
ダイナミックレベライザーはかなりの優れもの、という話を昔のどこかのブログで見た気がするのですが、その後実際に使っている人の感想ですごい、という人は私の知る限り、いませんので。。。(どうなんでしょうか)
ヘッドライトクリーニングシステムはライトに虫が付き光量が落ちたときにその虫を落とすためですが、落とした後の虫がフロントウィンドーにあたるらしいのであまり使えないという話です。
というか、ライトが暗くなってしまうまで虫が付くという状況もかなり怖いものがあります。
ポルシェは蛙顔なので虫が集まり易いとか(笑)。

ウィンドデフレクタは、風が後ろから巻き込んでくるのを防ぐものです。オープンにするときに必須と思い最近までそう信じていましたが、mokuさんのブログでは背が高いと頭に風が巻き込むとありました。
私は背は高いけど(187センチ)、座高は低い(90センチ(笑))のですが、さる風の強い日にオープンにして試乗したところ確かに、顔の半分から上にはビュンビュン風が当たってましたので人を選ぶのかもしれません。

シートヒータは選択した人の否定的な意見は聞きませんが、ホッカイロで良いという話も聞かないことは無いです(二重否定)。私は、頭寒体暖が好きなので、というか、頭は冷やしてないと眠くなるので迷わず選択です。

あと、定番という意味では、色の標準色は4つしかなく、そのうち2つは白と黒で色は付いていません。残りの2つは黄と赤です。
ポルシェで赤や黄はマッチしていて非常にそそられる色なんですが、私のような年寄りの住む住宅街では周囲との違和感がかなり有ります(あっ、私が年寄りという意味ではないです)。
ですから、この中から選べない人は当然メタリックカラーのオプションを選択せざるを得ません。したがって、上の3つの定番にメタリックカラーを加えた4つのオプションがある意味、必須オプションといえるのではないでしょうか?

とすると、素のMTボクスターで定価は572万じゃなくて616万になりますね(笑)。
[PR]
by today216 | 2006-05-10 06:09 | Boxster
<< オプション地獄(カーナビ編) カーカバー >>